なないろこども園

入園を検討されている保護者の方へ

入園を検討するにあたりまして、当園の教育方針等を明記していますので、参考にしていただければと思います。特に「保育時間について」「発達や行動が気になる子の対応について」はよく理解していただいた上で、入園をご検討ください。
随時園見学も受け付けていますので、当園までお問い合わせください。

なないろこども園の教育

当園では9時から13時までを教育の時間とし(以上児)、その時間は主にあそびを中心としたクラス単位での教育活動を行なっています。
基本カリキュラムは週単位で設定されていて、月・水・金曜日は「主体活動」として、園庭や保育室で自分の好きなあそびを行なったり、お友だちと一緒にあそびを作り上げていく活動を行なっています。また積み木遊び、どろんこ遊び、廃材遊び、運動あそび、プールあそびなども空いた時間に行なっています。「主体活動」では、子どもが自分であそびを考え、一人又は仲間とトラブルを経験しながらも遊びを広げていくことで、主体性や体験・経験に基づいた自分なりのルールやコミュニケーションを獲得していくことを目指します。
火・木曜日は「設定活動」として、朝の体操から始まり、朝の会やワーク、制作などその日の設定保育を行います。
設定活動では、クラスという集団の中で担任の指示の下、その意図を理解し、周りと折り合いをつけながら、与えられた活動を行うことで、集団性や社会性を身に付けていきます。

これらの活動は傍から見ると一見地味ですが、この時期の子どもは無理に何かを伸ばしたり、修得させようとするのではなく、気づきや学び、好奇心を大事にし、子ども自身が自ら伸びようとする力を育てることが大切だと考えます。

特徴的な教育

テーマ保育「主体的に、より深く遊びこむ」

「造形」「自然」「運動」「生活」を基本として、一つのテーマに沿って子どもが主体的に活動を行い、その活動をより深く掘り下げ、体験したり、学んだり、遊び込んだりします。 例えば、廃材遊びであれば、子どもたちが事前に作成するもの(テーマ)を話し合いながら、目標や目的、やり方を決め、あれこれ話し合いながら実行していきます(アクティブラーニング)。 その遊びを行う中で、工夫したり、お友達や先生の話を聞き、子どもの中で気づきや発見、理解がより深まっていきます。保育者はアドバイスやサポートをしながらも、できるだけ子どもの発想や考え、主体性を尊重します。
このテーマ保育では先生の指示をしっかり聞いて物事を行う保育とはまた別の、自ら学びに向かう力、言葉による伝え合い、共同性などを学ぶことができます。また敢えてテーマを決めなくても自分たちでそれぞれ目標を持って自分のペースで遊ぶ自由遊びも大切にしています。

積木あそび「シンプルな積み木の、無限の可能性」

和久洋三氏提唱の童具を使った、積み木活動を0歳児から5歳児まで全クラス行なっています。積み木はシンプルが故に、遊び方に無限の可能性を秘めています。 子どもたちは時間が許せば、想像力を働かせて、いろんなものを作っては壊し、また作るという動作を繰り返しながら、イメージを形にしていきます。 年中、年長児位になると、いろんな建物や乗り物を作ったり、それを友だちと繋げて大きな街を作るなど遊びがどんどん広がっていきます。
また積み木を扱う中で、いろんな形や数の法則に無意識に触れることで、幾何学や原数学の原理を自然と学ぶことができます。想像力や創造力を培い、自由自在に遊ぶことができるのは、 まさにシンプルな積み木ならではです。

童 具 : http://www.dougukan.com/index.htm

アダプテーション活動「思いっきり遊んで、頭と身体をフル回転」

全クラスにおいて、作業療法士であり、子ども指導エキスパート講師の中鶴真人氏による『アダプテーション活動』を行っています。
この活動は、脳科学や発育発達とアフォーダンス理論に基づくアダプテーショントレーニングを子ども向けに考案したもので、身近な道具を使い、遊びを通して様々な身体の動きを行うことでその年齢で獲得すべき体幹や身体機能、運動能力の発達を促し、また集団における対人環境の負荷を意図的に作り出すことで、子ども同士のコミュニケーション能力や集中力、忍耐力の発達を促します。
このように全身を使っておもいっきり遊びこむことで、子どもが高い満足感を得ることができ、それが就学以降の学習への集中力や生きる意欲につながっていきます。

ワーク活動「自ら学び、考えることが好きになる」

5歳児は楽しみながら自ら学習に向かう姿勢を身に付けるために週3回15分程度のワーク活動の時間を設けています。 その中で、考えることが好きになる「思考センス」を培うために、ipadによる学習アプリ「Think!Think!」を活用した活動を行なっています。 思考センスとは「物事の表面を見るのではなく、その背景や本質が何なのかを想像し、自ら解決策を見出す力」で、いわゆる非認知能力の一つと言え、そしてそれは10歳以降の抽象的思考力や読解力に繋がっていきます。 このワーク活動を通して子どもが自ら問題に取り組み、考えることを楽しむようになることを目指します。

Think!Think! : https://think2app.hanamarulab.com

園庭「自然を感じながら、おもいっきり遊ぶ」

園庭は、広く平坦で自由に走ったりボール遊びをするなど、体を思いっきり動かすことができる人工芝の「草原エリア」と、高低差や木々があり、土、木、水、風など自然を感じながら、 総合遊具や築山・砂場で木登りやどろんこ遊びなどができる環境の「森エリア」に分かれています。 人工芝はクッション性が高く、転んでも怪我をしにくい為、子どもたちはよりダイナミックに走り回ったり、ボール遊びを楽しみ、時々寝転んで空を見上げてみたり、 ひたすらゴロゴロと転がっている姿も見かけます(笑)。またよちよち歩きの赤ちゃんも安心して遊ぶことができます。
総合遊具はスウェーデンの公園施設メーカーHAGSのオーダーメイド遊具を配置し(2018年12月設置予定)、よじ登る・飛び降りる・ぶら下がる・滑るなど、子どもたちが自然のなかで見せる 遊びの動きを再現し、成長に合わせて「変化する遊び」や限界を超えるための「挑戦する遊び」、冒険心を刺激する「興奮する遊び」を通して、子どもの「運動能力」と「挑戦意欲」を獲得することができます。 砂場・築山では種類の異なる砂や土を配置し、いろんな道具やHAGS遊具も連動して、創造力や想像力を駆使しながら、砂遊びやどろんこ遊びでままごと遊びをしたり、数々の芸術作品が出来上がっています。
これらの整備された園庭で自然を感じたり、主体的に思いっきり遊びこむことで、心も体も大きく成長することができます。

※アネビー : http://www.aneby.co.jp

手作り給食について〜よりよく食べ、よりよく生きる〜

「食べることは生きること」とよく言われますが、当園の給食は「よりよく食べ、よりよく生きる」ことを目指しています。 昨今は食が溢れて、選ばなければなんでもお腹を満たすことはできます。ジャンクフードや冷凍食品、工場で作られたお弁当や惣菜もとても美味しく食べることができます。 ではなぜ手作り給食にこだわるのでしょうか。それはやはり子供達により良い物を食べてもらいたいから。そしてそれは子どもの心身の成長と将来の健康にとって、とても重要なことだからです。 食材一つとっても、産地は?農薬は?添加物は?調味料の原材料は?糖分や塩分量は?油脂類は?と、こだわりだしたらキリがありません。しかしそれらのこだわりと一つ一つ向き合うことで、 子どもにとって、健康的で安全な給食が出来上がります。昨今、TPPや遺伝子組み換え食品、農薬汚染、水汚染など日本でも食に関する様々な問題が溢れかえってます。例え大人が問題ない量の添加物や含有量であっても、乳幼児にも安全とは言いきれません。子どもたちには出来るだけ安全、安心な食材、食事を提供することを目指して、食材、食品を厳選しています。できる範囲で材料を吟味し、農薬不使用の地元の旬の食材、無添加の調味料で、栄養バランスを考えて、愛情を込めて作った給食は、子どもの心も体も健康に成長させてくれるでしょう。
園庭で元気いっぱい遊んでお腹もペッコペコ、その後に先生やお友達みんなと食べる手作り給食やおやつは最高に美味しく、心も体も大満足、間違いなしです。

お茶やお汁、ご飯を炊くなど、給食に使用する水は、逆浸透膜(RO)フィルターを使い、全ての不純物を取り除いた「純水」を使用しています。
地元のヒノヒカリを基本としつつ、有機米、自然栽培米を積極的に取り入れています。
野菜 園内の菜園の無農薬野菜や地元の有機野菜や無農薬野菜、自然栽培の野菜を使用しています。
肉・魚・野菜 肉や魚は地元のお店から仕入れ、国産のものを使用しています。
卵は平飼い、飼料にも気を使った卵を使用しています。
醤油、味噌、酢 地元福山で、原材料のみを使用し、昔ながらの製法で作られています。
粉類、油 揚げ油は酸化に強い米油を使い、ドレッシング油にはオメガ3を豊富に含んだアマニ油等を使用しています。また小麦粉は国産の有機小麦粉を使用しています。
牛乳 牛乳のカルシウム摂取については意見が分かれますので、子どもに無理に飲ませることなく、嗜好品として草食、自然放牧のグラスフェッドミルクや有機牛乳を使用しています。
調味料 塩はミネラルハーヴェスト塩、砂糖はオーガニックシュガー、マヨネーズ、ケチャプ等も有機のものを使用しています。
菓子類 食品添加物のなるべく入ってない、素材の風味を生かした菓子を使用しています。

※予算や時期、流通、仕入れの先の在庫の関係で上記の食品や食材を利用できない場合は国産の食品、食物を使用しています。

保育時間について

子どもの健やかな育ちや集団生活でのストレスを考え、またこの乳幼児期は親子の愛着形成においてとても重要な時期であることを考慮して、保育推奨時間を設定しています。 当園での教育時間は4時間、保育時間は原則8時間ですが、この時期の子どもの愛着形成や心身の発達を考えると長時間保育はお勧めしていません。 特に乳児期(0〜1歳)は特定の相手(主に母親)との適切で愛情に満ちた関わり(マザリング)が重要とされ、幼児期も含めこの時期の愛着形成がのちの自己の確立や対人の関わり方に大きな影響を与えることから、 家庭での親子の関わりを確保にする為に、園での推奨預かり時間を0歳児を週30時間、1〜2歳児を週40時間、以上児(3〜5歳児)を週50時間としています。
0歳児は生後8ヵ月以上、保育短時間の方のみお預かりしています。

※一般的には長時間保育は子どもへの影響はないとの厚労省の見解が出ています(1998年)が、愛着形成に関してや思春 期以降の人格形成、対人関係への影響の追跡調査研究などについては、いまだ不明な点や見解が分かれているのが 現状です。
※園の推奨預かり時間は、下記の論文やNICHDの調査を参考にして、園独自で設定した時間です。

    (参考論文)
  • 3歳児未満児保育から見た、親子関係が青年期前後の人格形成に及ぼす影響について 萩原英敏(その1 2012年、その2 2013年、その3 2014年)
  • 長時間保育の影響 掛札逸美(2015年)
  • 愛着傾向が青年期の人間関係に及ぼす影響について 小泉芽乃 斎藤勇(2013年) 等

発達や行動が気になる子の対応について

当園では発達や行動の気になる面がある場合に、発達の面と愛着の面から可能性を考えて対応をしています。(これらが複雑に絡み合っている場合もあります。)
愛着形成不全など愛着の面が気になる場合は、家庭への聞き取りや保育時間の見直し、親との関わりのアドバイスを行います。
発達の面で気になる時には、保護者と連携をとって、家庭へのアドバイスや園にてその子の苦手な部分をサポートしていきます。お子様の状況によっては保育時間を見直したり、療育機関との連携をとっていただきます。 発達の気になる部分も個性と捉え、早い段階(0歳)から保護者や行政、療育機関と共に、子どもの発達をサポートし、子どもの苦手な部分を補い、子ども自身の生活上の生きづらさや二次障害を防止し、より良い成長へと繋げていきます。
また臨床心理士や作業療法士、言語聴覚士を配置し、気になる子はもちろん、全園児を対象に言語・認知、理解、感覚、動作、心理を把握し、苦手な部分のサポートや家庭との連携を行うことで、成長の素地を広げていきます。
子どもの発育、発達で気になる部分がある・育てづらさがあるなど、子どもの発達や育ちについての悩みや相談があるときは園に気軽にご相談ください。

当園では「こどもが主役」の理念のもと、認定こども園制度の柔軟性を活かして、子どもの成長、発達にとって何が本当に必要なのかを常に検証し、教育・保育・療育、子育て支援など様々な面から、子どもの心身の健全な成長、育ちを考えていきます。

Access

TEL:0995-48-7716
受付:07:00〜19:00
休園日:日曜・祝日